2005年09月21日

民主党の新リーダー、前原氏

民主党の新しい代表に、前原誠司さんがなりました。
若い人がリーダーになったのは、民主党にとっても、日本全体の政治にとっても、いいことのような気がします。
一応、任期はほぼ1年とのことですので、次の選挙のときに代表でいるのかどうかもわかりませんが、今回、前原氏が代表になったことで、少なくとも「民主党が変わった」イメージはあるでしょうね。
選挙では、党首の顔も、投票に影響すると思うのですが、前原氏の顔はどういうイメージで見られてるのでしょうか。
ぼく個人的な感想では、「なんだかおぼっちゃまっぽい」という感じがしました。
「民主党を闘う集団に」と言ってるようですので、これからの行動で、この印象が変わっていくのかも知れませんし、変わらないのかも知れません。
なんにしても、民主党には少なくとも「政権をとれるかも」位の力をつけてもらいたいですね。
いや、別の政党でも(むしろ、自民党に似てない党の方が)いいのですが、実際問題として、民主党以外に、自民党に対抗できる政党はないと思うので。
郵便局も民営化で、競争にさらされることですから、議員や政党もどんどん競争しちゃってください。
これから人口が減っていきそうなので、国会議員もちょっと減らしてみては、どうでしょう。
posted by 貧民 at 00:27| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。